「信陽雑記」「信陽雑誌」・・・「信陽雑志」

何のこっちゃわからんわね

うちの利用者に「信陽雑」もしくは「信陽雑」どこにあるか聞かれたとよ
調べるんだが、どうも昔、県立長野図書館丸山文庫にあって、
現在は長野県立歴史館に移管されただの何だの
まぁ県立長野図書館に電話して貴重資料担当に聞いちまっただよ

しっかし、おっかしいんだな
例えば、おらが地元にはそういうのは「越佐史料」「越佐叢書」みたいな
復刻版に重要な古文書は入っとることが多いんだよな
信濃の国に限って、やたらめったら真田とか引用してる人の多い文献を
入れてないわけがあるめぇと

しばらくして県立長野図書館の担当者から掛かってきたわよ
信陽雑」なら新編信濃史料叢書に所収されてますと
ああ、それならうちでも所蔵してんじゃん
おあとがよろしいようで

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック